合宿免許では部屋割りも重要

合宿免許を選ぶ際には、所在地や料金のほか宿泊施設もポイントとなります。


居住地とは異なる場所の合宿免許を選択する場合、通常の自動車教習所での教習と違い指定された宿泊施設に寝泊まりすることになりますが、申し込みの際には一人部屋や相部屋などの部屋割りを軽視せず、良く考えて選択する必要があります。

かつての自動車教習所は教官によって指導法に大きな差がありましたが、近年は教習生の減少もあり厳しい指導が行われることは無く、教習時のストレスに苛まれる可能性はほとんどありません。



このため合宿中のプライベートな時間を快適に過ごせるかどうかは、比較するうえで重要な物差しとなります。
相部屋を選択した場合は料金が安くなる反面、部屋にいる間は常に他人の気配を感じながら生活することになるため、他人とのコミュニーケーションが苦手な人にはストレスとなる可能性があります。



他人との会話が苦手な場合は、多少料金は高くなりますが一人部屋を選択するのが無難です。一人部屋を選んだ場合は、ペアや複数人で実施される一部の教習時間を除き、他人と直接接する機会はほとんどありません。

他人とのコミュニーケーションが得意で新しい友人を作りたい人や、友人と一緒に合宿免許を申し込む場合は、相部屋も選択肢の一つになります。
料金が安くなるだけでなく、プライベートも仲間と同じ時間を共有できるため、免許取得に向け不明点を教え合うなど、より充実した合宿免許生活を送ることができます。