短期間で運転免許を取得するなら合宿免許がお勧めです

自動車の運転免許は17歳になると自動車教習所に入所が出来るようになりますが、教習所での構内教習のみで、仮免許取得や路上教習、そして免許証取得は18歳にならないと教習や取得が出来ません。

早目に教習所で運転技術を身に付けておきたいと考える人も多いのではないでしょうか。


高校3年生になると運転免許を取得する人が多くなりますが、大学受験などがある関係上、入試が終わり合格した後からのスタートになるケースも多いと言えます。

普通の自動車教習所を利用するよりも合宿免許を利用した方が短期間で取得が出来るのでお勧めです。



大学の合格通知を受けてから最短2週間で免許取得が出来るのも合宿免許の魅力です。

また、大学や専門学校などに進学しない場合には4月から就職となり、この時に運転免許を取得している方が仕事の幅も広がります。



卒業から就職までの期間は数週間、この中で一般的な教習所で運転免許を取得するのは難しく、17歳頃から教習所の入所などが必要です。

しかし、3週間などの期間があるのであれば合宿免許を利用すると良いでしょう。

高校の卒業と同時に合宿免許を利用して運転技術を身に付けておけば、就職した時には普通自動車免許証を持つ事も出来ます。
ちなみに、合宿免許は2週間などのように短期間で運転技術を学べるわけですが、集中的に教習を行えばブランクもなくスムーズに運転免許の取得が可能になるなど、取得期間以外のメリットもあります。