合宿免許にかかるお金を用意する方法

合宿免許には20万円前後のお金がかかります。

格安の合宿免許なら16万円程度ですみます。


格安だからといって免許がとれないということはないので、コストをできるだけ節約したい人にはおすすめです。

ただし、宿泊施設や食事についてはあまり期待をしないほうがよいでしょう。


高いところでも24万円くらいとなるので、合宿免許はかなりお得なプランです。
宿泊代や食事代も含まれています。



ただし、3食がすべてでるとは限らないので、あらかじめ確認をしておきましょう。



食堂がついているかどうかも重要です。
クレジットカードを持っているなら、クレジットカードで支払いをすることでお金がなくても合宿免許に参加できます。
翌月一括払いとなりますが、分割払いやリボ払いで支払うことも可能です。

ショッピング枠リボ払いの金利は15%なので、消費者金融で借りるよりはお得です。
しかし、大手の消費者金融では30日間無利息というサービスがついていることがあり、短期間で返済をしてしまえる場合にはそちらのほうがよいでしょう。

大学生の人は生協ローンを利用するという手もあります。



また、銀行のカーローンは自動車の購入だけでなく、免許取得の費用も借りられます。

一番金利が安いのは銀行のカーローンとなるでしょう。100万円以上のお金を借りる場合には銀行で借りるべきですが、20万円程度の少額を借りるだけならば手軽に大手の消費者金融を利用してもそれほど差はつかないでしょう。

しっかりとシミュレーションをした上で借りましょう。