合宿免許のメリットとデメリット

合宿免許とは、一定の期間を自動車教習所が用意した寮やホテル、旅館などの宿泊施設に泊まり込みながら運転免許を取得するための合宿教習のことをいいます。


授業内容や勉強の量は通学と大きな違いはなく、短期間でしっかりやるか、自分のペースに合わせてのんびりやるかの違いになります。

合宿免許のメリットとしては、まず免許取得にかかる費用が安いことが挙げられます。


宿泊食費を全て含めたパック料金でプランが組まれていることが一般的で、交通費も教習所から支給されるということが多いです。

それでいて通学するよりも断然安い金額となっているのが魅力といえます。

また、短期間で卒業することが可能です。普通車ならマニュアル16日~、オートマなら14日~程度で卒業することができます。

通学の場合、忙しくない時なら1ヶ月、夏休みや年末、卒業シーズンは混み合うため2~3ヶ月かかることが一般的なのに比べてかなり短い期間で教習を終わらせられます。


その他、他の人と合宿することで友人を作れたり、場所を選べば旅行気分を味わえる、失敗しても保証が付いているなどのメリットがあります。



ただし、合宿免許にはデメリットもあります。



旅行気分で自宅よりも遠い場所で合宿すると、道路の幅や自動車の量などは自宅周辺とは異なるため求められる運転技術が異なることも考えられます。

ある程度長い期間合宿する必要があるため、まとまった休みが必要になってしまったり、人気の教習所はすぐに予約しなければならないなどのデメリットが挙げられます。